2015年8月18日火曜日

Mio FUSE の レビュー3 (バッテリー等)

バッテリーの持ち

5日半使用して、バッテリー残量が1メモリになり、充電とすることとなった。
この間、5時間程度トレーニングモードで心拍を測定したので、使い方にもよるが週1〜2回程度の充電で運用できると思われる。

約7時間半、iPhoneのstravaにつなぎ測定。満充電状態から2メモリ減となる。
(100%充電完了でで5メモリ)





また肘よりの内側向きに装着することで異常測定は発生せず。(2015/9/5 追記)



水中で

MioFUSEは、この手のデバイスの中では防水性に優れものであり、水深30mまでOKです。

水中で使ってみました、プールで使用したわけではありません、泳げないので。

脈拍も水中で表示できます、タッッチパネルは操作できません
(ちなみにシャワーに当たるだけでタッチパネルが反応します。)

一応マニュアルには

 ”低温の水中、または大きな腕の動きがある場合、心拍モニタリングの精度が低下する可能性があります。”

となっていますが、手軽に水中で脈拍をリアルタイムにモニタリングできる、数少ない機材として、非常に有用です。


*MioFUSEのレビューはひとまず終わりです。質問等あればコラムに、MioFUSEに関してできる範囲ですがお答えできるかと思います。


Mio Fuse に関する記事 一覧

リストバンド式HRセンサー比較表

MiO FUSE(リストバンド式心拍計)の購入
Mio Fuse の精度
Mio Fuseのレビュー1(バッテリーと使用感)
Mio Fuseのレビュー2(装着位置と異常測定)
Mio Fuseのレビュー3(バッテリー編)



4 件のコメント:

  1. 胸に付けるタイプの心拍計が壊れてMioFuse購入するか迷っていましたので大変参考になりました。ありがとうござました。

    返信削除
    返信
    1. 御訪問いただきありがとうございます。お役に立てたようで、幸いです。

      削除
  2. 初めまして。mioヒューズをANT+接続してガーミンのサイコンで見る場合、連続して何時間くらい電池が持ちますか?やはりガーミンのvivosmartのほうが長持ちでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. こんにちは、返事が遅くなりすいません。私の場合はBluetoothでiPhoneと接続して大体8時間程度で、バッテーリゲージが5メモリ中2メモリ消費です。MioGlobal資料?の中にはトレーニングモード、LED点灯で約10時間・無点灯で約20時間との記載がありました。そこから考えてMioFUSEとANT+の環境でも16時間程度はサイコン等と接続して使用可能かと思います。頼りない返答ですいません。

      削除