2015年11月30日月曜日

リストバンド(GarminとPolar、Mio)別、サイコン互換性

前回の投稿ではMioFuseからみたGarminとPolarのサイコンへの接続性の話であったが。
今回はリストバンド式脈拍計別にGarminとPolarのサイコンとの接続を整理してみた。



Garmin vivosmart-HR と サイコンの互換性


*注意:日本未発売(2015/12/1現在)
ついに発売予約開始されました詳細は下のリンクで↓ 2015/12/28現在

vívosmart® HR J(国内版)の発表




Garmin のサイコン ○
Polar  のサイコン ×

日本未発売であるが、Garminのサイコンで使える。

https://www.thisisant.com/directory/vivosmart-hr/

Forerunner® 225はどうやらハートレートセンサーにはならないが、Forerunner® 235はなるそうである。

Forerunner® 225の互換リスト

https://www.thisisant.com/directory/forerunner-225/


Forerunner® 235(日本未発売)の互換リスト

https://www.thisisant.com/directory/forerunner-235/


サイコンのハートレートセンサーとして使いたいと思っている人は、vivosmart-HRかForerunner® 235まで我慢だな。



Polar A360 と サイコンの互換性

Garmin のサイコン ×
Polar  のサイコン 将来◯(2016第前半)

Bluetoothなのでガーミンのサイコン(ANT+)には、ハートレートセンサーとして接続できない。ここは当たり前。

でも、同じPolar のサイコン、M450やV650でもハートレートセンサーとして使えない(2015/11/30現在)。


はっきり言って、がっかりである。

自転車乗っている時もリストバンドを見るのか?
まあチェストベルトセンサーを使えとのことだな。


2015/12/31追記:
2015/12/22のアプデート・アナウンスで2016前半に、ハートレートセンサーになるようにアップデート予定とのこと。

詳しくは⇨Polar A360のHRセンサー化(Updateアナウンス)



Mio FUSE と サイコンの互換性




Garmin のサイコン◯(←◯です、ごめんなさい)
Polar  のサイコン (2015/12/28現在)


Garminのサンコンでハートレートセンサーとして使える。

https://www.thisisant.com/directory/mio-fuse/



PolarにもHRセンサーとして接続できる

ポラールM450とMioFUSE(リストバンド式心拍計)

であるのはポラールの提供するすべてのサービスが受けられない点は注意すべきである。
現状ではガーミンのサイコンに接続した場合と、同レベルの機能しかない。


【以下未確認情報】

FacebookでのPolarの回答、もっともPolarV800との接続性であるが、V800ではMioFUSEはどうやら動くようである。

ーーーーー Hey there. V800 uses Bluetooth Smart protocol and basically should work with products that fully support this protocol. We can promise it works correctly with Polar H6 and H7 heart rate sensors  ーーーーー

https://www.facebook.com/PolarGlobal/posts/10152263415559915
(2015/12/1アクセス)

DC RAINMAKERの記事で、同じくPolarV800で動くとのこと、ただし注意事項あり。

−−−” I’ve tested it with the Mio Link, Mio Alpha, and Scosche RHYTHM+.  For heart rate it’ll transmit your heart rate just fine.  However, note that it won’t properly transmit your heart rate variability to the V800. This isn’t Polar’s fault, but rather a limitation of optical sensors today.  To that end, you’ll see incorrect recovery numbers.  For example, on one run it gave me a recovery estimate of 178 hours – that’s over a week!  So you’ll have to decide if that’s a tradeoff that you’re fine making.”−−

http://www.dcrainmaker.com/2014/06/polar-v800-depth-review.html    (2015/12/1アクセス)

要約→ Mio Link、Mio Alphaで試したがハートレートは転送された。しかしながら今ある光学式脈拍センサーには性能の限界があり正確な脈拍変動性?を送れないので、異常なリカバリー値を表示してしまう。

脈拍変動性についてはこの記事を読んでください。→Polar H7 チェストバンド式心拍計とMio

Polar V800はBluetooth Smart protocolを遵守しているデバイスのハートレート信号はきっちり拾うことができると考えて良さそうである。ただし、M450やV650でも拾うかどうかは未確認であるM450ではひろえた(2015/12/28)ネットの情報であるが、多分できそうである。M450やV650でもBluetooth Smart protocolを遵守するデバイスは接続可能であるので。)

ちなみにiPhoneのAPPであるPolarBeatはMioFuseとペアリングできる。
(Wahooのスピードケイデンスセンサーのケイデンスだけがなぜか接続できていないが
Polar Beatはフットポッドは接続するがスピードケイデンスセンサーはもともと接続しない、速度はGPSで測っているようである。)






追記:Polar V800
Polarいわく、"GPS内蔵マルチスポーツウォッチ"
自転車乗りでいうところの、腕につけるサイコンだな。

でも団体競技も個人競技も、水泳のコーチもなんでもござれというモリモリ仕様。
でもサイコンの脈拍センサーにはならない、光学式脈拍センサーは内蔵していない。

詳しくは⇨ Polar V800





0 件のコメント:

コメントを投稿