2015年12月29日火曜日

vívosmart® HR J(国内版)の発表

vívosmart® HR J 発売

いよいよvívosmart® HR Jが発売されるそうである。
(昨日の晩に投稿した記事が消えてしまったので再投稿です、内容は変わってしまいましたがご勘弁ください)


ここでいきなりですが2016/2/22現在、Garminから新たなデバイスのアナウンスが出ました。

またまた新しいGarmin  vivofit 3 と vivoactive HR

です。少し大きいですがGP内臓なのでVivoactive HRを待つのもありかな。


話を戻して、以下vivosmart hrの話です。










正規代理店のいいよネットさんで予約開始とのこと。

2016年1月21日(木)発売

1月9日予約受付開始










日本のアマゾンでも先行販売?予約受付が始まっている、
ただし発送は1月21日からだそうだ





国内版の価格は良心的である。



今すぐにでも欲しい人はtrekkinnへ
http://www.trekkinn.com/アウトドア/garmin-vivosmart-hrm/135913870/p?q=vivosmart%20hr


もしくは、アマゾンの出品者から購入するしかないでしょう。
並行輸入ではないイギリスから日本のアマゾンへ出店している業者か、
最近のアマゾンは何でもありだな


Garmin
Garmin "vivosmart HR, Black"
posted with amazlet at 15.12.29
Garmin "vivosmart HR, Black"




このデバイスからはGarminのサイコンのHRセンサーとして使えるそうである、一方PolarのA360も2016年の前半にはPolarのサイコンにHRセンサーとして接続できるようファームウェアアップデートを予定しているとのこと。

リストバンド型の光学式心拍計は、Garmin 、Polarともデバイスとして基本的なスペックを備えたところかな。ムーアの理論では、今がちょうど”キャズム”を迎えるところなのかもしれない。

(キャズム:アーリーアダプターとアーリーマジョリティの間の深い溝のこと、ここを埋めないと広範囲への普及は望めない)





出典:情報システム用語事典 キャズム
 http://www.itmedia.co.jp/im/articles/0706/01/news142.html



0 件のコメント:

コメントを投稿