2016年2月20日土曜日

新型Garmin  vivoactive HR (HRセンサー付き) と vivofit 3







Garminの最新デバイス(2016/2現在)


Garmin、製品のアップデートが早すぎて日本国内は周回遅れ状態。


ひとまず ”リストバンド式脈拍計” の決定打か


夏まで最新機種であればいいのだが・・・・・この調子だと6月ぐらいにはまた、新しいのが出そうだな。そうすると国内は2週遅れになるかも・・・・。

ひとまずハートレートセンサーなしのvivofit 3 と 
ハートレートセンサー組み込みの vivoactive HRの概要である。







vivofit3

名前からわかるように、vivofit シリーズの新世代モデルである。
(ハートレートセンサーは無いが、バッテリーの持ちは1年!)



Spec

$99.99

GPSなし
HRセンサーなし

バッテリー寿命1年

Garmin Move IQ 対応

VIRB コントロール

Music Player コントロール

etc.

デザイン色々、交換バンドあり









vivoactive HR

Polar A360と対等以上に位置するデバイスとなるはずのもの。
(V800と比べるとどうだろうか・・・・判断つきかねるが)

デザインはGarminの文法に沿ったものであるので、その優劣は好みの問題。
外見はともかくGPS内臓ということでフルスペックなトレーニング用端末である。



Spec

$249.99

HR・GPSはもちろん内臓

スイミングに自転車、パドルボート用APPにまで対応

ついていない機能はないといったところか



まさにウェアラブルHRセンサーの第2世代といったところ、トレーニング主体の人ならば価格的にもGPSのないFitbit Blazeを選ぶ理由は無くなる。(ここで言う価格とは、アメリカ国内価格$249.99のことだが。)日本国内版が米国版の価格と同じくらい戦略的な値付けされると、他メーカーも一気に値段を下げざるを得ないデバイスである。




なおさらなる詳細はGarmin.commを参照してください。


注意すべき点は、このデバイス、スイミング中に内臓のHRセンサーが使用できないとのことである。いつもの勉強させていただいているDCrainmakerさんのページから



もうすでに売っている?!
このページよく見ると商品名がvivoactive hr だが掲載されている画像は一つ前のvivoactive
どうやらオプションのチェストベルト心拍計がセットになったモノのようである。
ややこしい名称だな(2016/2/21追記)



Garmin Move IQ については ただいま勉強中







0 件のコメント:

コメントを投稿