2016年4月29日金曜日

クロスバイクのヘッド清掃

最近通勤用クロスバイクのシラスのヘッドにガタツキが出てきた。
早速分解して、グリスアップである。

分解



まずキャプを外す。



結構、砂や細かなゴミの侵入が見られる。

でも、これだけではなかった。

ステムを取っ払うと、サビ を発見。

深い錆でないので、深刻な状態ではないが、
このタイミングで分解してよかった。



Cリングを抜き、次に上のワン抑えを外しベアリングとご対面




汚れはそれなりであるが、ベアリング自体は特に問題なさそうである。


下ワンの状態も特に問題なし。
ちなみに、シラス君の場合、下のベアリングはカートリッジ・ベアリングである。


ベアリングの清掃

ヘッド上部のベアリングを取り外し清掃。


下のワン受け上の受けともに確認するが特に問題ないし。



綺麗なものである。

各パーツを洗浄し取り付け



ヘッド上部のベアリングはしっかり清掃して、ボロンナイトライドのグリースでグリスアップ。

下ワンはカートリッジなので特に作業はなし、次回は新品に交換しようかな。



あとはトルクレンチで締めあげて・・・・・
しまった、新しいボルトを購入するのを忘れていた。
ステムだけではないが、基本ボルトは再利用不可である。
一度それなりの力で締めるつけているボルトは、変形しているか疲労が蓄積されているはずである。

走行中、ステムが外れるとどうなるか・・・御免蒙りたい。

明日にでも買いに行こう。
ひとまず、規定値より若干小さめのトルクで締め付け。




完成


これで、シマノのBBを除いてボロンナイトライドですべてグリスアップできました。










SK11 デジタルトルクレンチ 差込角 9.5mm (3/8インチ) SDT3-060
SK11(エスケー11) (2012-11-01)
売り上げランキング: 460

0 件のコメント:

コメントを投稿