2016年8月11日木曜日

Polar のスポーツ選択にSUPが無い件(三重でSUP)

えっ、無いの

Polar のスポーツ選択にSUPが無い!
100種類を超えるスポーツプロファイルと謳っているがSUP(スタンドアップパドル)のプロファイルは用意されていない。カイトサーフィンやトロッティングはあるのに。

仕方が無い、カヌーで代用だ




さて気を取り直してSUPの体験です。
なんと大阪市内、中之島でもSUPは体験できます。


出典:水上さんぽ教室 http://www.citysup.jp


ですが、私は中之島では水面に落ちたく無いので、どこかキレイでお安い所と探していると・・・
ありました、三重県の大台町観光協会アウトドアプログラムのSUPです。
少し遠いですが、西名阪を使えば余裕で日帰り可能ついでに松坂で焼肉や、足を伸ばしてお伊勢参りもできる。

しかもレッスン付きで半日(約2時間)4500円です。



出典:大台町観光協会アウトドアプログラム http://web-odai.info/verde/sup_index.html

場所はここ↓ダム湖なので、渓流とかでよくある、体が冷えきるような冷たさはないです。

地図の中央グリーンピア宮川の少し下あたりで体験しました。

雨が少なかったにで、水が若干濁っていますが落っこちても全然平気。
(ちなみにこの宮川、過去には何度も清流日本一になったとか)

落ちることを心配するより、暑いので自主的に水に入る必要があります。
(まあ初心者なのでちょくちょく落っこちてしまいますのでこの点は問題無し)


ここしか写真撮っていなかった・・・・


体験中は撮影できなかったので、
大台町観光協会アウトドアプログラムさんのページから。




インストラクターの方の指導は的確で丁寧です。
バランス感覚の良い人は30分もあれば容易にスタンドできると思います。

注意事項:
①川に落ちるとクロックスが足から外れて流れていきます、リーフブーツ(マリンシューズ)が無難。
②結構喉が渇きますので、ペットボトル持参のこと。水筒は水没するので注意が必要。
③日差しが強い日は帽子とサングラスがあるといいですが、落ちる時は結構派手にいくのでそれなりの対策を。
④予約はお早めに、取るのに苦労しました。

結局Polar A360もPolar Beatでもアクティビティを記録を忘れた・・・・・。
次回は記録するぞ、でもPolarさんSUPのプロファイルも用意してね、結構運動になります。


リーフブーツ




サングラス・メガネ用フロート



カメラフロート





でもやっぱりこういう時はGo Proのようなアクションカメラと思うのですが、こんなのもありかなと(防水ケースが別売りだそうですが)。


0 件のコメント:

コメントを投稿