2016年9月5日月曜日

クロスバイク(シラス)の分解整備

ワーヤーカッターの話の続きです。

前回の記事→ワイヤーカッター(フジ矢)、クロスバイクのケーブル交換

通勤で使っているクロスバイクの整備ですが、ワイヤー交換するだけでは物足りないので、このさいフレームを丸裸にしてみました。


Before After

作業前


作業後


さすがに新車とはいかないが、まあまあ綺麗になった


ブレーキを外す



ブレーキパッド交換、ここまで摩耗するとレバー側アジャスターの調整範囲を超える。



クランクを外す、
普段掃除できないところにアクセスできる。
BBは手で回した限り一応問題なし、左側に少し違和感あり、
次の整備時に交換予定。




ほぼ丸裸で洗浄、RDは調整が面倒なのでそのまま。
もちろんフレームはドロドロ、
思い切り洗浄してAZのガラスコート剤アクアシャインで仕上げます。


ここまで順調に作業できた。

 戸惑ったのはDEORE ST-M530のワーヤー交換である。
このMTB用STIはブレーキレバーにシフターが内蔵されているので
ラピッドファイヤーとは勝手が違う。


多分ここだろうというネジを外してみた



カバーが外れて、シフトワイヤーのタイコとご対面。
(ブレーキワイヤーは先立って外しています)

カバーさえ外せば、リヤのシフターは見慣れた構造であるが、
フロントはまるでブレーキレバーのそれである。
(でも、この記事役に立つ人はいないよなぁ)


ブレーキじゃないです、フロントのシフトワイヤー取り付け部です



無事ワーヤーを交換し終えたので、チェーンリングとスプロケットも分解



チェーンも交換、伸び率は1%を余裕で超えていた。
チェーンは交換するが、チェーンの2倍の耐久性はあると評判のconnexlinkはまだ交換不要。ところでこのconnexlinkもはやwiggleでも取り扱いがない・・・・・eBay か 米国のamazonで購入するしかない。(日本のamazonでも並行業者が販売していますが1個5000円・・・・・仕方なしに私はeBayで購入しました→ Connex Linkの購入



今回はワイヤー取り回しは余裕をもたせて。



手持ち最後の9s DURAチェーンを投入。
ベルハンマーをチェーンに挿し、調整。
シフト調整はあっけなく終了。
(FDを外さなかったのが良かったか?)
しかもチェーン交換のおかげか、変速のもたつきが解消!
(ちなみにリヤブレーキ効きすぎるようになって、この後何度かブレーキでタイヤがロックしてしまった。)


で完成。

これで後2年は、なんとかなるかな。



*今回使用した部品等

9sのチェーン、CN-7701 Dura亡き後はこのチェーンしかないな

シマノ チェーン CN-HG93 9段対応
SHIMANO(シマノ)
売り上げランキング: 6,316


スズキ機工 LSベルハンマー 原液ボトル 80ml
スズキ機工
売り上げランキング: 212












今回、結局使う勇気がなかったXT ST-M770(貧乏性で)
しばらくは酒の肴だな。








0 件のコメント:

コメントを投稿