2016年12月28日水曜日

バラクラバ(目出し帽)







自転車通勤用【目出し帽】

冬の自転車装備でバラクラバ(目出し帽)を買った。
今までは下の写真にあるように、スカルキャップとバフで厳寒期をしのいできたのだが、バフとキャップがずれるなど使い勝手は、正直あまり良くなかった。

昨年、モンベルのアンダーにジオラインを買い、ヒートテック教より改宗したのもあり購入。






このモンベルのバラクラバであるが下の写真のように、バフ代わりにもなるし、顔面全体を露出させやすい。何しろキャップとバフのように分かれていないので、すぐにかぶれる。





何しろニュースでよく出てくる”目出し帽”である、銀行や深夜にコンビニに入るときは、顔面全体を出した方がトラブルは軽減できるだろう。








今回購入したものはジオラインのLWであり当然アンダーウェアのLWと同じ素材である。



良い点① 薄いけど保温力あり

実際に使ってみると、生地がある程度薄いので呼吸が苦しくなることはない、停止時のメガネの曇りも今まで使っていたバフよりはましである。また薄いので、ヘルメットをしていてもかさばり感は少ない。

肝心の保温力であるが5℃程度では正直暑い、2、3℃以下での使用が望ましいだろう。
薄いので心配したが、バフよりも防風性能も高い。





良い点②

当然のように鼻の上の部分にマスクなんかによくある”樹脂製の芯”が埋め込まれていて、フィット感は思ったよりいい。



1月、2月の厳寒期に活躍予定



ジオライン・バラクラバ(サイズによっては色が少なくなるのでお早めに)




メリノウール・バラクラバ (こちらの方が有名か)



0 件のコメント:

コメントを投稿